TANGRAMのプロデューサー日誌

小劇場で大道具として暗躍したり、シアターKASSAIの運営のサポートをしたり、俳優活動をしています。TANGRAMの代表、俳優、プロデューサーとしても活動しています。

【募集】5/29「演劇まじめなのれん会」(仮)10

【募集】5/29「演劇まじめなのれん会」(仮)10

お疲れ様です、森久(TANGRAM/シアターKASSAIプロデュース部)です。

小劇場をまじめに考える会から、着想を得て行っているトークラウンジです。
1人一品話したい事を持ち寄って、色々話します。
今回から、試験的にマインドマッピングを導入します。
演劇にまつわる事を色々検証します。

お時間ある方、参加者募集しています。

【日時】5/29(金)18:00〜21:00
※アートステーションZは15:00から、オープンしています。入場可能です。
【場所】副都心線、雑司が谷駅2番出口直結、アートステーションZ
【参加費】500円(ドリンクバー、おやつ付き)
【参加方法】
gold.experience.stealth@gmail.com
(森久)までご連絡下さい。
【備考欄】
•飲食持ち込み可です、食事できます。
•記録用に写真を撮る事があります。
•途中入場、退場可です。

【テーマ】5/29日はテーマがあります。
とある制作者のSNSへの投稿。
以下引用↓
【制作の立場からのお願い】
いきなりですけど。
よい作品に出会えば出会うほど、思うことが多くなっていって。
・本番日の予約キャンセルは料金が発生する
・各種交通機関の遅延・災害等やむを得ない場合を除き、定時に本番を始める
この二つは、お客様への公平性を保つにあたって、最低限守りたい。というか、そういう風に業界を変えていかなければいけないと思うのだ。である。
要は、お客様から御代を頂戴しているわけで、しっかりビジネスしないといけないと思うのだ。である。
ホテルだって当日キャンセルは料金が発生する。
ディズニーだって先にとっていたチケットは、やむなく行けなくなっても個人的な理由では払い戻しはできない。
電車・新幹線だって時間がくれば出発する。
映画も時間ぴったりに予告編は始まる。
特に小劇場の演劇はこの当たり前が守れない(体制になってしまっているところが多い)。
本当は主に主催側の問題。
興行をおこなう側の我々が当たり前にしていかなければいけない。
なあなあにしてはいけないと思うのだ。である。
いきなりでした。
私も気をつけないと。

今回はこちらの投稿を元に、チケットの取り扱いにまつわる問題点、悩み点、お客様との関わりかたなど、色々検証したいと思います。

Tumblr
http://thedim2000.tumblr.com/post/119911777684/5-29-10
[ 2015/05/26 13:29 ] 演劇 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フリーエリア

ココを押すとUP↑        さらにココ押すと↑up CoRichブログランキング

プロフィール

森久 憲生(TANGRAM)

  • Author:森久 憲生(TANGRAM)
  • 小劇場中心に俳優活動しています。
    大道具とかもやったりしています。
    シアターKASSAIという劇場で運営サポートスタッフとかもやっています。
    TANGRAMという団体を主宰しています。
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア

                                                                     
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧